9 件中、1 件目から 12 件を表示
書き終わって暗殺者というものが歴史に寄与したかどうかを考えてみた。 ない。 ただ、桜田門外の変だけは、歴史を躍進させた、という点で例外である。これは世界史的にみてもめずらしい例外であろう。

司馬遼太郎   幕末

, 2, 2019-11-04, 4167105934/2529

強大な軍事力を背景にし、それによって発言する以外、政治などは書生の議論にすぎない。

司馬遼太郎   故郷忘れじがたく候

, 1, 2017-03-18, 4167663147/2015

「土地は僻地でございますが、それも物の考えようで、海ということを考えますると、世に僻地などはございませぬ」

司馬遼太郎   夏草の賦 下

, 4, 2016-04-23, 4167663201/1909

わからぬ。なぜおれはこの虚弱な体をもかえりみずに働くのか。なぜ大汗をかいて合戦をし、調略をし、敵を追い、領土をひろげようとするのか自分でもわからぬ。

司馬遼太郎   夏草の賦 上

, 3, 2016-04-22, 4167663198/1905

まったく、ようござらんな。ひとに接するとき、その人物の来歴、交友、既往の悪事などをきれいに忘れ去って談笑できる肚ごしらえの人物だけが、人を吸引できます。

司馬遼太郎   関ヶ原

, 2, 2015-04-07, B00SQY8JLY/1712

「人間のいのちなんざ、使うときに使わねば意味がない」

司馬遼太郎   人間というもの PHP文庫 (PHP文庫)

, 6, 2008-09-23, 4569661769/307



司馬遼太郎   花神(上)

, 0, 2005-07-10, 4101152179



司馬遼太郎   花神(中)

, 0, 2005-07-10, 4101152187



司馬遼太郎   花神(下)

, 0, 2005-07-10, 4101152195

引用文は毎回ランダムに表示されます。