子どもというのは、親の都合で運命が決まってしまうのですから、実にふびんな存在です。ですから、私はよほどのことでない限り、「親は子どものために我慢をできるだけしてくださいね」と励ましていくことにしているのです。

貴島テル子   75年目のラブレター

, 5, 2016-08-08, 4022510560/1947
/1944 /1945 /1946 /1947 /1948